二重整形でのダウンタイムについて【出来るだけ炎症をおさえる】

サイトメニュー

施術前に調べておきたい事

看護師

理想に近づける方法を選ぶ

二重整形には、大きくわけて二つの方法があります。そしてその二つの方法の中から更に、希望の形の二重に近づくように少しやり方が変わります。その1つ目の方法というのが、埋没法です。二重埋没法というと、今では聞いたことがない人の方が少ないかもしれません。それほどリスクが低く手を出しやすい手術です。埋没法の人気の理由は、「切らない二重整形」であるということにあります。医療用の糸を使って、1点〜3点でラインを留めると言った方法です。施術時間は1時間とかからない上に、費用も安く、早ければ日帰りできるといった利点から、働く女性にも大人気の方法といえます。もう一つの方法というのが、所謂「切開法」というものです。こちらは名前の通り二重ラインにそって切開する施術となりますが、利点としては埋没法よりもはっきりとした二重を実現することができます。また、歳をとっても崩れにくいため、瞼の皮膚のたるみが気になる方、しつこい一重の方にはこちらの切開法の方があうかもしれません。二重整形はプチ整形というジャンルで、金銭的にも気持ち的にも手を出しやすい施術であるため、これが初めての整形という方も多いのではないでしょうか。二重整形に限らず、整形をするにあたって大切なことは、自分の希望像をしっかりと持つことです。二重と1口に言いましても、上にも挙げた通りその形は様々です。まず、末広型というものがあります。これは最も日本人の顔立ちに会うナチュラルな二重の形といわれています。さっぱりとした印象を与えたい方にオススメです。そして次に、平行型という形です。こちらは目頭から目尻にかけて並行にラインが入っていることから、そう名付けられています。外国人やハーフ顔に憧れている方でしたら、平行型が良いでしょう。最後に奥二重です。一重に見えることもありますが、幅によっては全く違うイメージになります。涼し気な美人を目指すのでしたら、ぴったりの形といえるでしょう。上記は代表的なものを挙げただけで、他にも幅や角度が少し変われば、目の印象で顔立ちはガラリと変わって見えます。じっくりと考えた上で相談しながら、理想の自分にあった二重を探していきましょう。