二重整形でのダウンタイムについて【出来るだけ炎症をおさえる】

サイトメニュー

二重にするメリットや目的

医者

方法や目的の確認を

二重整形には、埋没法と切開法の2つの方法があり、それぞれには違いがありますまずは埋没法から見ていきましょう。埋没法というのは、簡単にいうとまぶたに糸を通して目をパッチリさせる方法です。まぶたに糸を通すことによって、二重ラインを形成する施術になります。最近よく耳にするものに「プチ整形」と呼ばれるものがありますが、埋没法がこのプチ整形に該当します。気軽に受けられるのが特徴でもあり、二重整形の施術としてよく知られています。実際の施術では針と糸だけを使用することになりますので、施術後の傷は目立ちにくく、腫れにくいのがメリットと言えます。もう一つ方法である切開法と比べると、比較的安価な費用で施術が受けられるのも嬉しい点ではないでしょうか。埋没法は、二重のラインがもともとついている方、あるいはまぶたの皮膚が比較的薄い方などにオススメの施術方法です。一方切開法はその言葉通り、まぶたを切開して二重のラインを形成する施術のことです。切開法には、まぶたの一部分だけを切開する「部分切開」と、まぶたをすべて切開して行う「全切開」の2つの方法があります。埋没法と比べて、二重ラインの効果を持続しやすいのがメリットであり、さらに二重デザインの幅広さが特徴です。美容クリニックなどで二重整形を行う人もいますが、目的は人によって様々です。その答えは、二重整形を行うメリットにヒントがあります。そのひとつのメリットが見た目の印象です。まぶたを二重にすることで瞳が大きくなり、それだけ見た目の印象が良くなります。見た目が悪いより良いほうがいいに決まっています。例えばサービス業や営業職など、人と接する仕事に就いている方は、顔の印象が良くするために二重の整形を行う人もいるようです。また、就職活動を行う際、面接での印象をよくするためにもよく利用されています。二重整形をする目的としては、メイク時間の短縮もあげられます。二重にすることでメイクがしやすくなり、これまでより時間を短くできます。その他に顔の印象が良くなることから、自分自身に自信が持てるなどの効果も期待できます。目自体の大きさは、顔全体の面積から見るとそう大きくはありません。ただ、他と比べてより小さいパーツだからこそ、その形が変わるだけで、全体の顔の印象を変えることができるのです。以上のように、二重整形をする目的は様々です。