二重整形でのダウンタイムについて【出来るだけ炎症をおさえる】

サイトメニュー

医者

二重にするメリットや目的

顔の印象を良くするために、二重整形を行う人もいます。二重整形は大きく、埋没法と切開法に分類でき、それぞれに特徴があります。整形をする際はそれぞれの方法をよく吟味し、自分に合った方法を選択するようにしてください。

女性

基準を知ることで

二重整形をする場合は、流れを知っておくことも大事です。実際に手術を受ける場合はクリニックの評判なども調べておくことが大事です。また、手術実績があるクリニックを選択することが基本となっています。実績と技術は比例します。

医者と看護師

二重にする手術は慎重に

二重整形は見た目を大きく変えることができる人気の手術ですが、受けるときには慎重に診察してくれる病院に行きましょう。人気のある病院は安心して繰り返し利用されているところなので、安さ以外にも評判などをしっかり調べておくべきです。

女性の目元

計画を立ててから整形を

二重整形をする際は、まず自分がどんな二重になりたいのかを明確に決めておくことと、いざ二重整形をする際はしっかり休みをとるように手配することが大切です。カウンセリングをじっくりと受けるということも、不安を取り除くために重要です。

看護師

施術前に調べておきたい事

二重整形の施術方法には、大きくわけて埋没法と切開法の2種類があります。施術をする際には、広末型や平行型、奥二重など、自分が目指したい理想の二重像をしっかりさせる必要があります。調べたり相談したりしつつ、理想の自分を目指しましょう。

ダウンタイムが短くなる

女性

少しの注意でOK

二重整形をする場合は、どうしても傷が多かれ少なかれできてしまう為、ダウンタイムの期間が発生してしまいます。ただ、腫れ自体は誰でも長期間になってしまうと言う訳ではなく、少し注意するだけでその長さが変わってくる事は少なくありません。例えば、寝るときはどうしても目の位置は低くなりがちですが、その際に枕を少し高くしておく事で目の位置が低くなる事を予防できます。その結果、ダウンタイムの腫れが引きやすくなると言うメリットがあるので、いつもよりも枕を高くする事は推奨されています。また、入浴やサウナ等は血行が良くなりすぎる為、腫れがより一層ひどくなってしまう為十分気を付けなければなりません。また血行が良くなると言う点から激しい運動や飲酒等も、術後には出来るだけ避けて、医師の許可が出てから行う様にします。出来るだけ炎症をおさえる為に歯、目元をタオルなどで包んだ保冷剤などで軽く冷やす、血行を良くしたり悪くしたりする事を避ける等が必要です。なるべく体に負担を書けない事を二重整形の後に行うと、結果的には何もしない時よりも早く腫れが引きやすくなります。二重整形は実は選んだ施術の方法によってもダウンタイムの長さが大きく変わってくるという特徴があります。人間の体は一般的に傷が大きく付けば付くほど腫れてしまうことがあるので、二重整形の場合は埋没法の方が切開法よりも腫れが少ないと言えます。また、埋没法自体は糸を使ってまぶたを留めるだけなので施術の時間も短く、さらに目元に対する負担も少なくなると言う特徴がある方法です。また、現在では極細の糸を使ったり、留める箇所を出来るだけ減らす事によってより腫れが起きにくくなる施術も行われています。この場合、通常の埋没法に比べるとはるかに短く、時には翌日には既に殆ど腫れを感じなくなるような施術も存在しています。勿論切開法の方も術後にしっかりとケアをする事で、何もしない時よりもはるかに腫れが少なくなるので、結果的にダウンタイムも短くなります。まずは病院での指示をしっかりと守る事、そうすることで最も良い状態を維持しながら二重整形をする事も決して不可能ではありません。

人気記事

医者と看護師

二重にする手術は慎重に

二重整形は見た目を大きく変えることができる人気の手術ですが、受けるときには慎重に診察してくれる病院に行きましょう。人気のある病院は安心して繰り返し利用されているところなので、安さ以外にも評判などをしっかり調べておくべきです。

女性の目元

計画を立ててから整形を

二重整形をする際は、まず自分がどんな二重になりたいのかを明確に決めておくことと、いざ二重整形をする際はしっかり休みをとるように手配することが大切です。カウンセリングをじっくりと受けるということも、不安を取り除くために重要です。

看護師

施術前に調べておきたい事

二重整形の施術方法には、大きくわけて埋没法と切開法の2種類があります。施術をする際には、広末型や平行型、奥二重など、自分が目指したい理想の二重像をしっかりさせる必要があります。調べたり相談したりしつつ、理想の自分を目指しましょう。